より専門性と信頼性が求められる司法書士と独立開業での成功

若い時から自分は司法書士になりたい、そのように目標がはっきりと定まっていればよいのですが、実際には多くの人たちは、その道もあるかもしれないと模索することの方が多いでしょう。大学の法学部にでも入れば、確かに司法書士になりたいという願いが強まるかもしれませんが、社会人になってから、その道を目指したくなる人も多いのです。また司法書士になりたいので、地方から東京に出てきた、そのような熱意を持つ人も少なくありません。東京には司法書士を目指しやすい環境が整っており、その点では恵まれている部分があります。

すでに司法書士として働いている人たちは、クライアントの依頼に応えるために、日夜一生懸命に働いています。そのクライアントがどんな問題を抱えているのか、どうしたいのか、なぜそう思うのか、いろいろな背景を知ると、相手を理解しやすくなり、結果として相手の要求にこたえやすくなります。ですからこうした司法書士の仕事というのは、やっつけ仕事のようにできるものではなく、クライアントに寄り添う、また時間をかけて話し合う必要があり、そうした能力を経験を通して培っています。

司法書士は、会社設立、商業登記、不動産登記などをメインにする場合があります。またスタートアップのベンチャー企業のサポート、あるいは資金調達の手段、またストックオプションや税制適格ストックオプションの司法書士、新株予約権といった面での有益な提案を述べることもできます。企業を相手にする仕事は、より一層の専門性と、信頼性が求められてきますが、実績や真摯な態度が相手への信頼を勝ち得ることになるでしょう。

そんな司法書士の仕事ですが、悩むところとして将来開業するのかどうかということかもしれません。独立開業となると、その準備と資金が必要になりますので、大きなストレスとなりますが、その一方でステータスや、自分の会社を持つことの自尊心、効率の良い稼ぎ、また従業員を雇うほど大きくさせることさえできるかもしれません。一方でデメリットとして、仕事が安定しなくなるかもしれない不安といったものがあるでしょう。初期投資を回収できるかどうかという気持ちもあるかもしれません。とはいえ多くの司法書士は、独立開業することで人生を成功させています。

タイトルとURLをコピーしました